HD 350BTはBluetooth専用で有線接続ができないモデルです。1 1万円高い「HD 450BT」は有線接続ができ、ノイズキャンセリング機能が搭載されています。 Dank aptX Low Latency muss auch beim Gaming oder bei Filmen nicht auf Synchronität und ein hochwertiges Klangerlebnis mit einer exzellenten Basswiedergabe verzichtet … 音楽や通話も、もちろんシンプルなボタン操作でイージーアクセス。, ゼンハイザーが独自に開発した「Smart Control」アプリがあれば音楽再生はもっと楽しく、自由になります。イヤホンとペアリングしたAndriod/iOS 端末に無料のアプリをインストールすると、イヤホンにサウンドバーなどゼンハイザー対応機器の設定を細かくカスタマイズしたり、ソフトウェアのアップデートもできるようになります。アプリの操作はとても簡単。, ゼンハイザーSmart Controlは、無料のアプリで、多くのiOSおよびAndroidシステムと互換性があります。このアプリは、ドイツ語、英語、フランス語、スペイン語、ロシア語、韓国語、日本語、中国語の8言語で利用できます。, Revision Date: 2020-02-09 6. 本当は「MOMENTUM Wireless」を買おうかとも思ったのですが5万近くする代物です。ヘッドホンの使用頻度も少なそうなので価格的に安い「HD 350BT」にしました。HD 350BTはBluetooth専用で有線接続ができないモデルです。1万円高い「HD 450BT」は有線接続ができ、ノイズキャンセリング機能が搭載されています。, 自宅使用なので、ノイズキャンセリングが必要なかったのと、有線接続もしなそうなので、ゼンハイザーのヘッドホンとしてはコストパフォーマンスの高い「HD 350BT」を選択しました。, 「MOMENTUM Wireless」と比較しては可愛そうなのですが、作業のBGM視聴用途としては十分な音質です。フラットな音質でモニターヘッドホン的な感じも、BGM用途に合ってる気がします。コーデックはSBC、AAC、AptX、AptX-LL対応です。クッションも厚めで装着時の圧迫も丁度いいです。重量も約238gと軽量なので、付けながら動き回ることも自然にできます。ボタン類は右側にまとめられていて、電源ボタン、音量ボタン、音声アシスト、マルチファンクション、USB-C入力が並んでいます。マルチファンクションボタンを操作することで通話が可能ですし、音声アシストはSiriやGoogle Assistantに対応しています。ボタン類の操作性は電源ボタンさえ押してしまえば、音量ボタン、マルチファンクション、音声アシストは親指がちょうど添えたところにあるので、すぐに慣れそうです。, 折りたたむと思ったよりもコンパクトになるので、外への持ち出しもスペースを取りませんが、残念ながらケースは付属していません。ヘッドバンドクッションもう少し厚いと更に装着感が高くなると思うのですが、かなり薄いです。, HD 350BTはノイズキャンセリングも有線接続もありませんが、それらの必要性がなければゼンハイザーらしい音質のヘッドホンが12,000円ほどで手に入るとてもコストパフォーマンスの高いモデルだと思います。, ジット・デザイン代表。グラフィックデザイナー兼デザイン学校での講師をしております。このブログでは、グラフィックデザイン関係だけでなく、DIYやカメラなど気になってるモノやコトを載せていきますのでよろしくお願いします。, iPad Pro 2020 12.9インチ WiFi + Cellularモデルを購入, Sennheiser ゼンハイザー HD 350BT BLACK <
2020 sennheiser hd 350bt pairing mode